雪天使~お前に捧ぐカノン~
雪天使~お前に捧ぐカノン~
成人向アフィリエイトOK
発行者:妃宮 咲梗
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:青春・友情
シリーズ:【第一章】 ギャングウォリアー力闘編

公開開始日:2012/02/07
最終更新日:2013/11/28 09:44

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
雪天使~お前に捧ぐカノン~ 第11章 act,10:インパルス ―衝撃―
 暫く余りものRのせこさに声も出ずシャルギエルはそのままの体勢を維持していた。そして漸くゆっくりと仰いでいた顔を平行に戻すと、もう一度大きく溜め息を吐いて頭(かぶり)を振りながらテーブルの上にある小金を手の中に覆って、スッとロードに押し戻した。
「? 何だよ?」ロードがキョトンとする。
「みんなに返しとけ。俺が代わりにみんなの分を出しておいてやる」
「シャルギエル……」
 彼の言葉にカノンとロードは感嘆する。
「まぁな。せこいっつってもあの猿も結局このスラム育ちだからこそ、小銭でも大金という概念が植え付けられちまって、未だに子供から小銭でも掻き集めたがる気持ちも仕方がないとは思う。情けねぇ器だと呆れはしたが、それは俺の裕福な立場だから思えてしまった事だとするとそこは反省する。しかしやっぱり情けねぇと思うこの気持ちは変わりねぇし、否定も出来ねぇ。Rも十分そういう意味ではこのスラムの被害者だからこそ間違ってねぇと思う確かな気持ちは、この腐ったスラム街を放置し築き上げちまった社会でありそして、またそれを食い物にしている……」
 ここまで静かに語っていたシャルギエルだったが、突然目の色を変えて拳をテーブルに力一杯叩き付けて怒鳴った。
「SCCに身を置く金持ちの権力を振り翳して悪徳行為に興じるヘドロにも等しいクソッタレ共だ!!!」
 突然の事にカノンもロードも驚き、ロードに於いては思わず椅子から引っ繰り返ってしまった。
「幸せな子供の社会創り……結構。だがそんな単純な夢物語で張り切っていられる程、その中心では甘い事態で済む問題ではありえねぇってこった……。目指すはSCC。本ボスなる大元凶の敵はそこにいる! Rもエリートもそこへ乗り込むまでの通過点でしかねえって事がよっく分かったぜ!――俺はやるぜ?」
 シャルギエルのドスの効いた低い声に、カノンはじわりと全身に汗が滲むのが分かる。
「な……SCC相手にやらかすつもりかい!?」
「分かってんのかよ!? あそこはポリ公も手が出せないこの世の地獄だぜ!?」
 カノンもロードも青褪めた顔で慌てふためく。
102
最初 前へ 99100101102103104105 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ