☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル)
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/05
最終更新日:2012/02/10 22:15

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル) 第16章 第十六・3日間の仕事が終了・エレンは自分の両親と友人に告白する・爆乳AVギャルだと
 喫茶の仕事だと言って朝から出かけて夜に帰ってくる。その理由をエレンは、人手が足りないから自分が手伝っているんだとウソを言っていた。心苦しいウソだった。両親はエレンが頑張っていると思っているので、まさに裏切ったような思いで胸が張り裂ける。

 初めての仕事は終わった。だから言おうとエレン。どう言われても、ウソを吐いて親を騙して心苦しいよりはずっとマシだからと。

 「あ、その……実は私さぁ、おっぱいが大きいAVギャルだったりして、そういう仕事をこの3日間にやってたりして」

 緊張で言葉が震えたので言い直す。私はAVギャルになりましたと。爆乳AVギャルとして撮影を終了しました、喫茶で働くとか言っていたのは嘘です、この3日間でやっていた事はアダルトビデオの撮影のみです。全部吐き出すように言い切る。

 言ってしまえばもう後には引けぬ。緊張はするが逆にスッキリとした部分も。後は両親に叱咤される事を受けて向き合うのみ。自分の親の性格からして、どう考えても許すはずはない。 案の定、父と母は両方が目を丸くした。爆乳だのAVだの撮影だの、親子の会話としては不適切な言葉を娘が一杯並べた。自分達の娘がAVギャルに変身したと伝えられた瞬間だ。


 
75
最初 前へ 72737475767778 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ