☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル)
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/05
最終更新日:2012/02/10 22:15

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル) 第16章 第十六・3日間の仕事が終了・エレンは自分の両親と友人に告白する・爆乳AVギャルだと
 エレンの作品にかける期間は3日だった。やっと全ての絵を撮り終え仕事を達成した事になる。それは初めて味わう達成だったが、同時に大事な事が待っていると覚悟を決めねばならない。 両親への告白。自分が爆乳AVギャルであるという告白だ。両親がどんな反応をするのかは、それはやってみないと分からない。

 エレンは仕事が終わると、大変な満足感と疲労を抱えながら帰り道に入る。少なくとも明日は休憩に当てたいと思いながら、家に帰ったらどうやって話をすればいいんだとも思いながら。家に帰ったのは夜の8時だった。さすがに3日になると両親は疑問に思ったわけである。なぜ、朝から出勤するエレンがいつも帰りは夜になるのかと。

夕飯の時間は、さすがに食事は美味しく取りたいので流したが、それが終わったらエレンは父と母の両方に打ち明ける事に。父が見ていたTVを消し、居間のテーブルに座って両親に聞いて欲しい話があると。両親は、娘がそういう風に求めてきた経験が少ないため、とても重要な話なのだと同意してテーブルの椅子に。緊張した雰囲気の始まりだった。


 
74
最初 前へ 71727374757677 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ