☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル)
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/05
最終更新日:2012/02/10 22:15

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル) 第13章 第十三・契約
 淳は自分が童貞か否かは口にしなかったが、女との縁は非常に薄い男だったとは口にした。これほどモテない男は、多分世界でも珍しいんじゃないかと。おかげで自殺を考えた回数も世界で一番多いかもしれないとか。

 「モテそうな気がしますけど、違うんですか?」エレンが言えば違うと返ってくる。女にモテないから、だから女を描く仕事をやっていると淳。ある意味では、自分の精神の繕いでもあると言う。エレンから見ると、恐らく少しガキっぽい男だと見えているはずだと淳は口にした後、こういう自分だからこそ一番やりたいと熱意を向けられる仕事をする事で何とか生きているんだとも。

「だけども素材の魅力を描くのは俺が世界一だ。それで嬉しくなれる。女にモテなくても、女の魅力を描いて満足できれば充実できる。そういう生き方なんだ」

 淳はそれを生きるためのオナニーだと言い切った。人は必ず生きるために何かしらのオナニーをしていると。特に男は、それを取り上げられると生きていく事が不可能になると。
44
最初 前へ 41424344454647 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ