☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル)
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/05
最終更新日:2012/02/10 22:15

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル) 第13章 第十三・契約
 机の上に書類を出すと、淳は念入りに詳しく丁寧に説明を始めた。AVは色々と細かい事があるので、その辺も納得してからOKサインを出してもらいたいと、目の前のエレンを見ながら伝える。 女の子の場合は人気が出るとすぐに更新が可能なので、最初は一発目はソフト路線の方がいいと淳は行って指差す。

 「SMで魔性な雰囲気を出すのがイケそうな感じはするけど最初は止めた方がいい。最初からハードな雰囲気出すと、せいぜい3本くらいで燃え尽きる」

 そこには各項目が並んでいて、OKか否かを問うように書かれていた。OKする項目が多いほどギャラに反映されるらしい。仮に全部に応じるとかなりの金額にはなるが、全部は止めておけと淳。

「あ、パイズリには○して。それは是非とも描かせてもらいたい」とか言われながら、項目に○と×を振り分けて記入していく。

 ひとまず○をつけ終えると、それで大体1回のギャラとしては8万円だと淳は言った。それは最初だから8万円なのであって、人気が出れば同じ条件でギャラは変わると。8万円という数字をエレンがどう思うか。淳はタバコを吸いながら付け足しておく。
41
最初 前へ 38394041424344 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ