☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル)
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/05
最終更新日:2012/02/10 22:15

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル) 第12章 第十二・面接・類まれな大きいおっぱい大好きなAV監督、巨乳の鬼と称される天才監督の登場
 淳はエレンを、ある意味では良いバランスだと伝えながら豊かな胸のふくらみをジッと愛撫するように見つめる。 一見すると、性に対しては普通の女子という感じだが、一方では案外と解放的なのか純情なのかと3つを融合させられる。どちらかと言えば、視聴者の男をさり気なく魅惑する事を確信犯でさりげなくやる女。そいう描き方をすると映えるかもなどと監督がつぶやく。

豊かな乳房を持つ女。それは貴重な存在。だがそれだけで全員同じように描くのが3流のやる事だと淳は思っていた。3流はどのような女が出てきても、必ずマンネリに近い如く同じ事ばかりやる。それを淳は無能だと思っており、自分はそれとは次元の違うこだわりを持たせられるとも。それが自らをピカソと言ったり国士無双などと表現する根拠。

「あぁ、私って可愛くないから。すごいブスだから」と笑って見せると、いいじゃないかと淳。そして続ける。「AVだから。ブスでも豊かなおっぱいで十分視聴者は喜ぶ。俺がそういう風に魅せる絵にするから安心して。他の誰より俺は豊かなおっぱいの魅力を理解しているから。断言する、俺が世界で一番だって。誰も俺に勝てない、一人もね」と。

目の前の相手には自信と喜びが溢れていた。気に入ったらしい。自らを天才と称するそのフィーリングが、エレンという女は魅力的に描ける素材だと思ったようだ。

実際のところ、数え切れないほど巨乳や爆乳の女ばかり描いていくと、乳房の大きさだけで評価は決まるものではないと淳は結論付けた。大切なのはその一歩先にある深みであると。
38
最初 前へ 35363738394041 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ