☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル)
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/05
最終更新日:2012/02/10 22:15

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル) 第10章 第十・また深く傷ついたエレンは考えた・男を制圧して金を稼げばいい・爆乳AVギャルを決意
と同時にもう一つ、ネットで一緒に調べたのは豊かな乳房に男がどういう感情移入を寄せているかの探求。敵を幻惑するためには敵を知る必要があるという事だ。日増しに自信がついた。自分のようなブスでも、谷間を見せるだけで男は釣れる数が増え、おっぱいを揺らせれば大量に釣り上げられるのだと。早く釣り上げたいという気持ちを日々抑える。


 見せるとは何かも研究した。ただし、私生活でAVギャルになるためにセックスをするという事はしなかった。なぜならそれはプロの仕事にはなっていない。プロの仕事として体を見せ金を手に入れないと、そうでなければ復讐心は満たされないのだから。おかげでエレンは自分と同じかそれ以上の爆乳であるAVギャルの名前をかなり認知した。それどころか爆乳史まで頭に入った。

青春は不毛になっていく。もはや学校などの日常で恋愛したいという意識よりも、1秒でも早くAVギャルになって仕事がしたいという意識のみ。彼氏を失ったという話など、そんなモノはどこぞの馬の骨にくれてやるとさえ思ったりして。そうやって着実に心を固めていった。今までの自分の中に眠っていた、そんなもう一人の自分を引っ張り出して目覚めさせて。
32
最初 前へ 29303132333435 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ