☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル)
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/05
最終更新日:2012/02/10 22:15

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル) 第8章 第八・木下レイがエレンから彼氏を奪い取るための流れ・彼氏を奪ってエレンを不幸にさせる
 これは仕方がない事だが、レイは自分が自信を持っている作品を本当は見せたくないが彼氏に見せた。2人はエレンの知らない所で創作をやり取りする。もちろん彼氏はエレンのおっぱいに夢中だから、最初は恋愛など無縁の仲間内という意識で。罪の意識は0で。

 ところがどうだろう。相手が非常に優秀だと知る。ショックを受けた。しかもその作品は、自分の魂を誘引するような感じが。少しずつ少しずつ、彼に対する思いを創作の中に入れ込んでは見せる。ゆっくりとゆっくりと、知らない間に胸を揺すってやる。

 彼氏はエレンのおっぱいに夢中になりながらも、次第に自分がレベルの高い相手と創作のやり取りを交わしている事を真剣に考えるようになってしまった。それは性欲とは無縁の熱意。今までこの部分に火が付いた事がないので、反動も大きくなっていく。

 「ごめん、今日はちょっと書き物に専念したいから止めとく」と、彼氏がそういう理由でデートやセックスを断る事が少しずつ増えた。最初は、あれほどこの豊かな胸に夢中なのに書き物に対する熱意を優先させる彼氏に感激もしただろうか。格好良いと思った。

 実際のところ、最初は後日のセックスで夢中になって胸に甘えてくるから、エレンは何の問題もないと余裕をかまして過ごしていく。彼氏がレイとのやり取りに夢中になったのは、他でもない自分の作品を受けてくれる相手だからだ。大きなポイントは、あれほどのおっぱいを持って甘えまくっているエレンという彼女が、自分の趣味に付き合ってくれない事。それは心身双方の満たしにはならない。

 明らかにワガママではあるが、彼氏は肉欲はエレンの胸に、自分の精神的な満たしはレイに委ねた。レイはそれを大歓迎。レイは一石二鳥だという意識を持っていた。エレンの彼氏を奪い取るだけでなく、創作のやり取りは己を高められると。まさに一石二鳥。全てを失うのは爆乳のエレンのみ。

 いや、Aカップの自分がIカップの爆乳から彼氏を奪えば、Iカップの胸がどれほど敗北を感じるか。それを含めるなら一石三鳥。初めて自分の青春に高揚感が漂う。エレンを地獄に落とすのだと。
20
最初 前へ 17181920212223 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ