☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル)
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/05
最終更新日:2012/02/10 22:15

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(エレンという爆乳AVギャル) 第1章 第一・自分はブスでデブで早くからおっぱいが大きくなって何も良い所がないと思った小学生時代

自分はブスだと思っていた。幼稚園の頃からそう思っていた。気遣ってもらったりすると、余計に自分はブスなんだなと思ったりするので、心が捻くれていくと自覚していたような気がする。エレンは次に自分をデブだとも思う。要するにブスとデブが融合したキャラクターだと自分を見たら思わざるを得ない。



比較的早くから背は高かったので、余計にデブとブスが強調されている人間だとも思っただろうか。悲惨としか思えない。そういう悩みをいやらしく後押しするかのように、エレンは小2になると同時に胸がふくらみ始めた。非常にショックを受けたわけであり、「ブス」「デブ」「早くからおっぱいがあって目立つ」という三重苦を自分の胸に刻み込んでしまう。

 小4になるとバストは86cmのDカップ。クラスでというよりは生徒という枠では学校で一番のボインだった。可愛いなどと言われる事はなく、そういう目で見てもらえてドキドキする経験もない代わりに胸にだけは目線を一杯もらう。そこにしか目線は来ない。

 
痩せればいいのかと思った事はあったのだが、残念な事にエレンは不精でもあったから運動して痩せて胸のふくらみを縮めるという努力に付きまとう苦労を3日で放棄してしまった。小学生の時はデブ巨乳と言われていた。もちろんそれは男子だけが言う台詞ではあったが、今だったら殴ってやりたいと思うそれを小学生の時は傷ついてこっそり泣いたりするだけ。


もうどうしようもないなとか、大人になったら一歩も外を出歩かない生活をしようとか色々考えた。小学生の時にすでに、大人になったら隠居生活をして隠れようと想像していたわけであり、その平穏で恥を持たないで済む生活が可能な大人になりたいとか。「大人になったら何になるか」という作文で、エレンは隠居生活がしたいと書いてしまい、先生に呼び出され怒られた。
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ