一週間の入れ替わり
一週間の入れ替わり

発行者:MXIQ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/02/01
最終更新日:2012/02/01 16:52

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
一週間の入れ替わり 第1章 第一話
 観覧車は三畳くらいの大きさで、そこそこ広い。私たちは向かい合って座ったが、宗一は照れたように、やけに大げさにはしゃいで外の風景を見つめていた。私はしょうがないなと微笑みながらも、観覧車に備え付けてあるノートを手に取った。
 このノートは、ここを訪れた人が記念に書き残すもので、私たちもカップルです、みたいなことを書き残そうと手に取った。どんなことが書いてあるか気になったので、少しばかりめくってみる。殆ど幼児の落書きに近い代物だったが、一つだけ気になる文章があった。
『私たちはカップルで来ました。夕方、この観覧車の中で恋人とキスしてみて下さい。不思議なことが起こります』
 不思議なことって何だろう? 例えば、永遠の愛とか? 私は勝手に妄想して顔を赤らめた。
私はその時勘違いしていた。永遠の愛は誓うものであって、起きるものではないことを。
「……宗一」
「ん?」
 彼が振り向いた瞬間、両手で彼の顔をがっちりホールド。そのまま勢いよく、私は彼と唇を重ねた。宗一は眼を見開いたようだったけれど、私は目を瞑っていた。だって、恥ずかしいじゃない。
 その時、ちょっとした違和感を覚えた。目眩のような感覚だ。くらっと身体が下に落ちていくような気がした。
 この感覚は何? 疑問を抱く暇なく、唇と唇が離れた。
「何だよいきなり。おい、蒼花。聞いてるか?」
 ぼやけた視界に、男言葉を話す女の子の姿が見えた。
 ……女の子?
 ここは観覧車の中だ。しかも、宗一と二人きりのはず。一体どこからこの少女は湧いて出たわけ?
「あれ? なんで俺がいるんだ?」
 は? 何訳のわからないこと言ってるの、この子。そう思っていた私は、次の瞬間、驚愕に包まれた。
 男言葉を話す女の子は、紛れもない、私自身だった。
3
最初 前へ 123456 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ