仄暗い部屋から
仄暗い部屋から
成人向
発行者:神崎真紅
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/01/28
最終更新日:2012/06/20 13:54

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
仄暗い部屋から 第14章 第二章 プロローグ [前書き]
賢司は酷く喉が渇いて目覚めた。

冷蔵庫から1.5㍑のミネラルウォーターを取り出し、一気に飲み干した。


「ふぅ…。」


少し、腹が減ったな。
賢司はどうしようかと思案していたが、出前を頼んだ。

実際出かける気分にすらならない。

蕎麦屋のお品書きを見ながら、瞳の分と適当に電話で注文した。

けれど…。
瞳に目覚める様子はない。
無理に起こす必要もないので、そのまま寝かせておいた。
80
最初 前へ 77787980818283 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ