仄暗い部屋から
仄暗い部屋から
成人向
発行者:神崎真紅
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/01/28
最終更新日:2012/06/20 13:54

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
仄暗い部屋から 第13章 act 12 狭間
ふるふると、瞳の身体が震えていた。


「さ…む、い…。」

「寒さなんか直ぐに感じなくなるぜ。」


賢司の手には、バイブが握られていた。
それを瞳の花芯に押し込む。


「きつ、瞳、力抜けよ。入らねぇよ。」


力を入れている訳じゃ、ない。
薬のせいで締まっているのだ。


「ひっ、あっ…。」


瞳の口から漏れ聞こえる嗚咽が、それを物語っているかの様に伺えた。
賢司は、バイブを無理矢理瞳の花芯に押し込んだ。


「ひっ…。」


瞳の苦痛が伝わる様な声…。
それでも賢司は瞳の身体を凌辱し続ける。
まるで…。
止まる事を忘れたかの様に。

無理矢理バイブを入れられた瞳の身体は、震えが一段と増して来た。


「あ…、あ…、あ…っ。」

ガクガクと、痙攣している様に震え出した瞳の身体。

「瞳、寒いのか?」

「あ…、あ…。」

「また痙攣してんのか?大丈夫だ、俺が抱いていてやるよ。」


そう言いながらも、賢司の手は止まらない。
激しく瞳の花芯にバイブの送還を繰り返した。
73
最初 前へ 70717273747576 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ