仄暗い部屋から
仄暗い部屋から
成人向
発行者:神崎真紅
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/01/28
最終更新日:2012/06/20 13:54

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
仄暗い部屋から 第13章 act 12 狭間
「何が…。」


そこまで答えて瞳の意識はまた飛んでしまった。
暗い意識の底に、ゆらゆらと沈んでゆく瞳を、悪夢が襲っていた…。

瞳は…。
何を見ていたのか?


「瞳、瞳…?」


賢司は狼狽しきっていた。けれど、その声は瞳には届かない。
蒸し暑い部屋の中で、賢司はただ瞳の名前を呼び続けた。

瞳は…。
暗い意識の底で、賢司の声を聞いた。
誰の声だろう…?
聞いた事あるんだけど、判らない。

あたしを呼ぶのは誰…?


「誰…?」


瞳が声に出して言った。


「瞳?俺だ、賢司だよ。」
「け、んじ…?」

「そうだ、お前の旦那だろ?」


「しらな、い…。」


知らない?
瞳が俺を知らない?
賢司の驚きは、極限に達していた。


「瞳、本当に俺が判らねぇのかよ?」


賢司はそう聞きながら、瞳の花芯に指を入れた。
判らねぇなら、思い出させてやる。
賢司の指が瞳の一番敏感な所を捉えた。


「あっ…、いた、い…。」

瞳の反応は、賢司の予想を大きく裏切った。
痛い…?
何でだ…?


「針が…、針が刺さってるよ…。」


「針?」


賢司は益々混乱して来た。瞳が何を言っているのか、さっぱり判らない。
今度はローターで瞳の中心を責めた。


「あっ、あっ、いいっ…、止めないでっ。」

「今度はいいのか?此処はいいんだな?」

「あっ…、堕ちる…。」


また瞳は痙攣し始め、何も反応しなくなった…。
68
最初 前へ 65666768697071 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ