仄暗い部屋から
仄暗い部屋から
成人向
発行者:神崎真紅
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/01/28
最終更新日:2012/06/20 13:54

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
仄暗い部屋から 第13章 act 12 狭間
6時間が経過した。
瞳の薬が抜けて来たらしい。
痛みを訴えた。


「いたっ、賢司痛いよ…。」


瞳の態度にムッとした賢司がとった行動は…。

さっきの倍の量の薬を、瞳に打った。
その量は、致死量とされている規準を超えていた。
賢司の中で、何かが壊れ出した。
今の賢司は、瞳に薬を打っては苛めて、自分も快楽に飲まれる。
苛められて悶える瞳が見たい。
狂ってゆく瞳が見たい。

…それしか考えられなくなっていた。

賢司は大量の薬を、身体に力が入らずにいる瞳の腕を掴んで針を刺した。


「あっ、あつ、い…、くる、し…。」


そのまま瞳の意識は、夢の中に入ってしまった。

賢司は…。
失神してしまった瞳を、抱き締めていたが、突然何かを思い付いた。
失神している瞳の花芯の中心にある、一番敏感な所をローターで弄り始めた。

が、瞳に反応はない。
今度は乳首を掴んで捻ってみる。
いつもなら、これだけで達している瞳が、何も反応しない。


「瞳…?おい、聞こえるか?」


賢司の声にも、何も反応しない。
その頃の瞳は、何処だか判らない所にいた。
それが意識だけとは全く考えなかった。
無論、瞳には賢司の記憶もない。
自分の名前すら、判らない。
そんな中で…。
瞳は大した疑問も持たずに、花が咲き乱れる川の畔にいた。
もしかしたら、此処は『三途の川』だったのかも知れない。

66
最初 前へ 63646566676869 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ