仄暗い部屋から
仄暗い部屋から
成人向
発行者:神崎真紅
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/01/28
最終更新日:2012/06/20 13:54

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
仄暗い部屋から 第1章 プロローグ
 「ぁっ…はっ…はっ…。」
 
仄暗い部屋から、聞こえるのは、女の喘ぎ声だけ。 時折、切なそうに声が高まる。
 
「あぁ…もっと…して…。」

 哀願する様に、女は男の身体に腕を回す。
 男が女の両足を開いて、その中心に顔を埋める。

 「ひっ…っっ。」

 悲鳴にも似た、女のその声だけが、薄暗い部屋に響く。
 ぴちゃっ…。
女の秘所から、溢れる愛液。
 それを男は舌先で舐め上げる。

 「ぁぁぁ~…。」

 男は無言のまま、溢れる愛液を啜っていく。
 女はすでに、幾度目かの絶頂を迎えているのは、その声で判る。

だが、男は無言のまま、女の身体を愛撫し続ける。

 「お、ねがい…頂戴…。」

 耐え切れずに、女はその大きく硬くなった男のものをねだった。

 しかし…。
男は無言のまま、愛撫し続ける。

 秘所から太ももに、舌先を這わしていく。
痺れる様な快感に、女は酔いしれていく…。
 意識を保っているのが、精一杯だった。

「お願い…入れて…。」

 幾度も懇願するけれど、男は一向に聞き入れようとしない。

 まだ味わっていたいんだ。
お前の身体を。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ