探偵と刑事
探偵と刑事
アフィリエイトOK
発行者:ヒナギク
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2012/02/03
最終更新日:2012/02/03 15:09

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
探偵と刑事 第1章 人捜し殺人事件
 一応、現場を調べてみたが、めぼしいものは無かった。
「府警に戻ろう。最後に会った人を捜すんだ」
「そうね」
 俺たちは府警に戻り、鑑識課を訪ねた。
「どんなご用でしょうか?」
 鑑識課の人が質問する。
 洋子は警察手帳を見せてから言った。
「警視庁の荒川です。三上 雄一の所持品を見せて貰えますか?」
「本庁の? ちょっと待ってて下さい」
 職員は雄一の所持品を用意した。
「洋子、雄一って携帯持ってないの?」
「持ってないわ」
「それじゃ足取り追えないな」
「自宅の電話の通話記録調べてみるってのはどうかしら?」
「洋子、東京に戻ろう」
「うん」
 俺と洋子は京都駅から新幹線で東京に戻り、雄一の自宅の電話の通話記録を調べるため、電話会社へと向かった。
「これが通話記録になります」
 職員が通話記録を印刷した紙を渡してきた。
 俺は通話記録の頭の電話番号に電話を掛けた。
『はい』
 相手が応答する。女性だった。
「三上 雄一をご存知ですよね?」
『貴方、誰?』
「私は都内で探偵をやってる黒沢と申します。雄一さんのことでお話したいことがあるので今から会えませんか?」
『構いませんよ。どこで待ち合わせますか?』
「貴方のお家の住所を教えて頂けますか? これからお伺いしようと思います」
 俺は女性から住所を聞いた。
 電話を切り、洋子と共に女性の家に向かった。
ピンポン──とチャイムを鳴らすと、中から若い女性が出て来た。
「先程お電話した黒沢です」
「どうぞ」
 俺たちは中に入り、リビングへ通された。
「話って何でしょうか?」
「実は雄一さんが京都で亡くなりましてね、それで真相を調べているんです」
「三上さん、殺されたんですか?」
「ええ」
「いつ?」
「半月前ほど前です」
「半月前と言ったら、私が三上さんと京都に行ったころですね」
「京都にはどのような」
「旅行です。あの日はホテルに泊まって、翌朝は三上さんが先に出ていかれました。何でも、誰かと会うというようなことを……」
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ