探偵と刑事
探偵と刑事
アフィリエイトOK
発行者:ヒナギク
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2012/02/03
最終更新日:2012/02/03 15:09

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
探偵と刑事 第1章 人捜し殺人事件
「あの、先程の様子からすると、何らかの事件が起こってると思うのですが?」
「ああ、実は遺体の身元が不明で困っていたんですよ。そこへあなた方が来たもんで……。それで、この人の名前は?」
「三上 雄一っす」
「彼は、雄一は殺されたんですか?」
「それは今調べてる最中です。それより、遺体の確認をお願いしてもよろしいでしょうか?」
 俺たちは頷き、死体安置所に案内された。
 刑事が遺体の顔に被せられた布を外す。
「雄一!」
 洋子が遺体を見つめる。
 嫌な予感は的中した。
「洋子……」
「一体、誰がこんなことを……」
「洋子、犯人捕まえよう」
「あの、あなた方は一体……?」
 刑事の疑問に、洋子は警察手帳を出した。
「警視庁捜査一課の荒川です」
「これはご苦労様です」
「自分は探偵の黒沢です」
「どうして探偵が捜査を?」
「いや、自分は三上 雄一を捜してくれと荒川に依頼されたから捜してただけです」
「そうでしたか」
「それより遺体の発見場所は?」
「近くの空き地です」
「洋子、行こうか」
「うん」
 俺と洋子は遺体の発見場所である空き地へと向かった。
「ここが現場か……」
 府警の話では、雄一は腹部を刺されて死んでいたという。
 現場には争った痕跡がないので、別の場所で殺されて運ばれてきたのだろうという見解だ。
「手掛かりになるものは……」
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ