生真面目な彼女
生真面目な彼女
成人向アフィリエイトOK
発行者:深縁
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/01/12
最終更新日:2012/06/06 01:11

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
生真面目な彼女 第3章 分岐点
「キスするから」
「え―…んぅ!」

唇が生温かいもので包まれる。
ぬるっと入ってくる舌。
最初がゆっくりと、徐々に大胆に私の咥内を征服するかのような動きに翻弄された。

「ふっ…ん…苦しっ」

酸素を求めてもがけば、口を軽く離される。

「鼻で息を吸うんだよ」
「そ―んっ!」

慌てて息を吸い込めば、また口をふさがれて、思うさま貪られる。

「!」

お尻に忍び寄る気配。
片尻を鷲掴みにされて揺すられる。
それとは反対に、乳房に忍び寄る手が。

「っ!?」

荒々しいタッチに身体を小刻みに震わせて身悶える。
片方の乳房を全体的に手に納めて円を描くようにこねられる。
ブラジャーと服を間に与えられる刺激に、つと立ち上がる秘された乳首。
目敏く見つけられて、布ごと摘まれてそのまま背を反り返す。
突然に等しい暴挙に、罵声の言葉を浴びせてやりたかったが、口を舌で塞がれた口は、言葉を発することが出来ない。

「んんぅ…んっ、んやぁあっ!!」

やっと解放された口から放たれたのは鼻にかかった喘ぎ声。
待ても止まれも言うことが出来ず、そのまま続けて甘いような甲高い濡れた声を吐き出すことになった。
37
最初 前へ 34353637383940 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ