生真面目な彼女
生真面目な彼女
成人向アフィリエイトOK
発行者:深縁
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/01/12
最終更新日:2012/06/06 01:11

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
生真面目な彼女 第3章 分岐点
「何か言った?」
「ううん。何にも」

笑みのままに首を振る秋吉に首を傾げてみたけど、何かになるわけでもないので打ち切る。

「じゃあ、今日のお勉強はこれでおしまい。…ご褒美に関しては、秋吉が行きたいところに行くから、決まったら教えて?」
「分かった。早いうちに決めて言うよ」
「じゃあ―」

今日はもう終わろうと言おうとした。

「あ、待って。真唯子触らせて」
「あ、うん…」

自分の想像していたとおりにいかなくて、どうしてだろうと自問自答しているところに秋吉に声をかけられて、秋吉の言うままに無防備に近寄る。
腕を取られて抱き込まれた。

後で、このときのことを思い出す度、私はもっと秋吉に対して警戒心を持っておくべきだったと悔やむことになる。
36
最初 前へ 33343536373839 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ