生真面目な彼女
生真面目な彼女
成人向アフィリエイトOK
発行者:深縁
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/01/12
最終更新日:2012/06/06 01:11

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
生真面目な彼女 第2章 深みへ



おっぴろげられた足と身体の角度のせいで、視線に全てとは言わないがおさめられる。

それが恥ずかしくてたまらない。

知らずにいた自分の身体の淫乱さを教えられているみたいだった。

グチュグチュといやらしい音をひっきりなしに作る秋吉の視線は、それだけで私の全てを犯すかのようで、頭の中がショートしそうになる。

「も、もうやだぁぁぁぁっ!!あぁっ!ひんっ」

急な強い刺激に腰が私の気持ちを裏切って揺れる。

それが余計に秋吉の手と淫部を擦らせる結果となった。

「蜜でグチョグチョ。後で舐めてあげる。でも、その前にこっちに新しい快感をあげる」

秘部を蹂躙していた指を外された。

乱れた息を整えようとするが、乱された拍動はすぐには戻らず、息を整えるのを邪魔した。

ぬらぬらと私のもので濡れた指。

それをどうするのかと恐々と行方を追う。

辿り着いた先は弄られすぎた胸の頂。

清純的な色合いだったはずの頂が、そのみを弄って欲しいといわんばかりの色合いでツンと立っていた。

(秋吉を私の身体が誘っているみたいで不本意だ…)

だが、それが事実だから仕方ない。

濡れた指がその頂を潰した。

嬌声が零れる。

今の私に止めるすべなどない。

クリクリと弄られ、引っ張られる。

濡れた手は何処までも頂を引っ張りきることなく滑る。

それに、頂である蕾がフルフルと揺れる様はとてもいやらしかった。

自分のもので濡らされたところも視線を外したくなったほどだった。

いつまでも続く快感に、やめて欲しいと懇願するまで、秋吉は飽きることなく執拗に弄りたおしてきたのだった。


21
最初 前へ 18192021222324 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ