生真面目な彼女
生真面目な彼女
成人向アフィリエイトOK
発行者:深縁
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/01/12
最終更新日:2012/06/06 01:11

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
生真面目な彼女 第2章 深みへ



「そ、そこはっ!!」


ジーンズをズルリと脱がされ、日に焼けてない白い肌が目に飛び込んできた。

背中に聞こえる荒い息。

閉じようとした膝を捕らえられ、強引に開かされる。

ショーツ越しにとはいえ、人には見せない場所をさらけ出されて羞恥に頬が染まる。

秋吉が自分の足を立てて、そこに私の足を引っ掛けた。


大股開きだ。


恥ずかしすぎる。

閉じようにも足を持ち上げようにも内股の敏感な辺りを撫でられたら力が四方に分散してしまう。

「吸い付くような肌だね」

ビクビクと反応する身体に満足するように声を落とされる。

内股を撫でるその手がゆっくりと、足と足の中心に向かって下りていく。


クチュ…。


「はぁあっ!」

ショーツの上から撫でられ、指を埋められる。

ショーツに隠された蜜壺へと続く道を阻むひだを優しいタッチで、しかし容赦なく割って
いく。

先ほどの愛撫で濡れ始めていたショーツは、もはや濡れてその用途をなしていない。

普通より薄めの布で、さらに白色であるショーツは、濡れて、包むべきそこ本来の色味をうっすらと外界にうつしだして、その場所の淫猥さをあふれださせていた。


(もう白のパンツはけない~~!!)


20
最初 前へ 17181920212223 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ