生真面目な彼女
生真面目な彼女
成人向アフィリエイトOK
発行者:深縁
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/01/12
最終更新日:2012/06/06 01:11

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
生真面目な彼女 第1章 きっかけ


「ごめんっ!」

目を覚ませば土下座する勢いの男。

浮上したばかりの意識がまだそれを上手いこと認識しない。

相手を放置したままボヘーっとする。

「…真唯子?…初心者に刺激が強すぎた?」
「…」

心配そうに見てくる男―秋吉に視線を合わせる。

「…プリント」
「…へ?」
「プリントしろ」
「は…わ、分かった!すぐやりますっ!!」

机に向かう秋吉の背中を見送る。

働かない頭でも残っている大事なこと。


秋吉の成績を上げる。


それは秋吉母と、両親との約束。

こんな時にまで真面目だと言われようと、嫌々ながらも受けてしまったことで、頼まれて受けたからには責任を持って成し遂げるべきことだと思っている

「45分…経ったら起こして」

しかし、よく分からない身体のダルさに、秋吉のベッドに撃沈する。

秋吉が振り向いた気がしたが、無視だ、無視。

「…分からないところ、は、無理するひ…必要ない、から…」

秋吉の匂いに包まれて寝るっていうのもおかしな話だったが、何故か嫌だと思わない自分をそのままに、眠りの国へと旅立った。


「おやすみ、真唯子」

最後に秋吉の優しいトーンの声が耳に落ちてきたよう気がしたが、きっと気のせいだと思う。




こうして、数年の間、希薄な関係を形成してきた私たちは、坂を転がり落ちるように急速に濃い付き合いをすることになっていくのだった。

11
最初 前へ 891011121314 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ