盗んでやるぜ!(BL)
盗んでやるぜ!(BL)
完結アフィリエイトOK
発行者:藤堂千草
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:「盗み」シリーズ

公開開始日:2011/12/26
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
盗んでやるぜ!(BL) 第1章 侵入
「くう…しつこい!」

逃げても逃げても、警備員たちが追いかけてくる。
途中で出くわした警備員もオレを追う中にまざったのだろう。後ろから聞こえる足音は明らかに大きく、多くなっている。

このままじゃいつか捕まる…っ!?

「な!?」

突き当たりに扉が一枚ある廊下に出た。加えて窓はない。
つまり、その扉に入るしかオレが追っ手から逃れる方法はない。
ためらってる時間もなかった。
オレは扉を開けて中にすべりこむと、追っ手が入ってこれないよう鍵をかける。
それは同時に、この入り口からの脱出も不可能にするということだ。

「早く脱出できるところを見つけないとな」

湿った空気の中、階段を降りようとした時だった。
10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ