東北の空
東北の空
アフィリエイトOK
発行者:泉美木蘭(いずみもくれん)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:詩

公開開始日:2011/12/21
最終更新日:2011/12/21 01:55

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
東北の空 第1章 千羽鶴と海



たくさんの恵を与えてくれる海。
たくさんの命をのみこんだ海。
きょうも、あすも、そこにある、海。


「海はもう見たくない」

「それでもやっぱり海で働きたい。自分には漁師しかない」

「できれば高台に住みたいわ」

「漁業関係の工場や建物なんかはまた海辺につくって、住宅地は別のところに」

「津波に飲まれた地区は、ぜんぶ瓦礫をうめて公園にしたらどうだ」


「三陸の人間は、海とともに生きてきた。これからもだ」
2
最初 前へ 12 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ