東北の空
東北の空
アフィリエイトOK
発行者:泉美木蘭(いずみもくれん)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:詩

公開開始日:2011/12/21
最終更新日:2011/12/21 01:55

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
東北の空 第1章 千羽鶴と海


この日、空はしろく、しろく、くもっていた。
千羽鶴の先には、山と積まれた、瓦礫。
すべてが、かけがえのない思い出。
すべてが、命をけずって築き上げた財産。


「この建物も4月の頭ぐらいまでは漁網がひっかかっていたけど……」

「うん、ずいぶん片付いたとおもう」

「そうだね、だんだん片付いてきれいになっていくんだね」

「……」

「どうしたの?」

「片付いた、片付いた、きれいになった、きれいになったって、外から来た人はいうけれど、おれらにとっちゃ……それまで当り前の日常だった風景が、まったくちがう場所になっちまった、そんな感じなのさ。いくらきれいなったって、もとにはもどらない」

1
最初 前へ 12 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ