舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
アフィリエイトOK
発行者:鯉詞C
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/25
最終更新日:2011/09/25 11:22

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺― 第9章 法皇幽閉と源三位頼政の煩悶
 激しく太刀を振り回し向かってくる頼政に対し、鬼姫衆は決して太刀を交えようとはせず、その攻撃をかわし続けた。摩虎羅があやまって反射的に斬り伏せようとしたのを金剛が摩虎羅の鎧の襟首を掴み後ろに引き倒した。尻餅をついた摩虎羅が苦笑いを金剛に返した。
 頼政の力が限界を超えた。鎧の重さを気力だけで跳ね返しているようだった。地面に太刀をつきたて、身体を支えながら、肩で大きく息をする頼政が真っ赤な顔をして怒った。
「年寄りと思って愚弄するか! 我の最期、清盛公にとくと伝えよ」
 鬼姫が制止しようと組み付くよりも早く頼政が自害した。
「うもれ木の花さく事もなかりしに 身のなるはてぞ悲しかりける 扇寿殿! 辞世じゃ。そして清盛公に伝えよ……。なぜこのような仕儀にいたったか、……大恩ある清盛入道殿に、老婆心ながら我が死を賭して……お諌め申す。しかと、……頼んだ!」
「源三位殿、なぜ……なぜ、このような無謀な戦を」
 鬼姫は虫の息の頼政を抱き起こした。源三位入道頼政が鬼姫の問いかけを否定するように激しく首を振ったまま絶命した。
 しかし、以仁王の死は、事情を変えた。彼の死は、源氏の追討令を発動させたのだ。
 やむなく頼朝は北条時政と謀って、八月挙兵に踏み切った。同国目代山木兼隆を討ち、緒戦に快勝したものの、続く石橋山の戦に破れ、かねてより頼朝に内応していた相模国三浦氏の水軍の助けで、海路を安房に逃れた。ここで態勢をたて直した頼朝は、目代の討滅と国衙行政権の接収を掲げ、近隣の武士を誘い込みながら、破竹の進撃を始めた。十月六日には相模国鎌倉に入る。
 一方、九月五日朝廷の出した源頼朝追討の宣旨を受け重盛の長男である平維盛を総指揮官とする追討軍は、駿河国まで迫った。
 夜叉丸も忠度に従って出陣した。鬼姫衆の猛者三十名を率いての参戦だった。羅刹も金剛も鎧に身を固めていた。出陣前に「兄を頼む」と鬼姫に託されたのだ。
80
最初 前へ 77787980818283 次へ 最後
ページへ 
小説家になろうのサイトにて1カ月で2000アクセスを達成しました。
ページの先頭へ