舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
アフィリエイトOK
発行者:鯉詞C
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/25
最終更新日:2011/09/25 11:22

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺― 第9章 法皇幽閉と源三位頼政の煩悶
 夜叉丸は手に入れた令旨の最後に書かれた親王の名に目を止めた。
 清盛の画策した高倉上皇から安徳天皇の皇統を否定し、自ら「最勝親王」つまり、天武天皇になぞらえ壬申の乱のごとく武力で政権を奪取しようとする気概のあらわれたものであった。
――何のために張り番を配置しておいたのじゃ
 戦を止められなかったことに夜叉丸は自分を責めた。
「教経は、鬼姫衆に出入り禁止。夜叉丸も教経と口をきいてはならぬ、暫く謹慎しておれ!」
 鬼姫の機嫌が悪かった。鳥羽離宮での闇の戦いを教経が十倍にも膨らませて皆に話して聞かせたためである。その話は、鬼姫にとってまぶしすぎた。そして、その場に自分がいなかったことが悔やまれてしかたなかった。なかば焦り気味に鬼姫自ら夜叉丸を除いた精鋭部隊二十五名を率いると、平重衡の指揮下にすすんで割り込み、追討軍の先頭に立った。
 外されたことに夜叉丸は内心安堵した。この度の戦いに気乗りがしない。こんな状態で参加しても決してよいことはないであろう。この戦を止められなかったことを悔やむ夜叉丸に、かけてくれた忠度の慰めが、心に痛かった。
 その痛みは、とめどなく法皇への恨みを夜叉丸の中で醸成させていった。
――平家では駄目なのか? 平家の目指しているところは、それほど法皇にとって気に入らぬことなのか! 何故都を戦乱に導く。都に住む者達のことなど考えておらぬ。人と思っておらぬ……

 後白河上皇は我が子以仁王を助けるために土佐国に配流させ治めようとしたが、平氏はそれを無視し三条高倉邸を取り囲む。園城寺を主軸とする寺院連合、近江の中小武士が以仁王に呼応していたが、物の数ではなかった。以仁王は頼政とともに園城寺に逃れ、更に奈良に逃れようとしたが、平知盛、平重衡率いる平氏の追撃にあい宇治平等院で合戦の末、光明山鳥居の前で討ち取られる。
 以仁王、没年三〇歳。
 そして、鬼姫と彼女の鬼姫衆が頼政を取り囲んだ。
「小松殿の姫の手勢か? いささか不足の敵じゃが、この皺腹の最期を見届けよ」
「重盛が娘、扇寿! 源三位頼政殿を生きたままお連れせよとの命が出ておりまする。謹んで縛につかれよ」
「音に聞く六波羅の鬼姫とは、おぬしか! 美しき顔をして、似合わぬほど冷たき月の光のごとく人を斬るという、おぬしの剣技を今生の土産に見せてみよ」
79
最初 前へ 76777879808182 次へ 最後
ページへ 
小説家になろうのサイトにて1カ月で2000アクセスを達成しました。
ページの先頭へ