舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
アフィリエイトOK
発行者:鯉詞C
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/25
最終更新日:2011/09/25 11:22

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺― 第9章 法皇幽閉と源三位頼政の煩悶
 
 闇の中で敵は猫のように足音を消して近づいてきた。声を立てないのはおそらく下にいる法皇を憚っての事なのであろう。それは夜叉丸達にとって都合がよかった。それに倍の人数差ということに過信を持っている様子が感じられた。そこが夜叉丸のつけ目である。夜叉丸は音を消して太刀を抜くと逆手に構えた。
 教経に向かって先端に逆かぎのついた銛が飛び出してきた。顔を掠めてそれをかわした教経は敵に向かって音も無く跳び、姿を消した。同時に敵の気配がひとつ消えた。
 
――さらに伊豆国には流人前右兵衛佐頼朝……

 頼朝の名が聞こえると同時に夜叉丸もひとつの敵の気配を消した。

――陸奥国には故左馬頭義朝の末子、九郎冠者義経

 握った拳に力が入った。久しぶりに聞く義経の名に夜叉丸の体が訳も無く打ち震えた。すぐ近くで吹き矢の敵を斃した安陀羅が怯えを隠した顔で夜叉丸に頷いた。
「それで勝てるのか?」
 以仁王の興奮した声が響く。
――愚かなことを…… 大軍の我らに勝てるわけがないではないか。しかし、頼政殿なら、一族の滅没に係わる勝算の無い戦などせぬはず
「もし、院が御決意なされ、院宣を下さるならば、全国の源氏が喜んで君のもとへ馳せ参じましょう。各国では国司に従い、荘園では課役に使われ、臥薪嘗胆の生活をおくっている我等が源氏でござりまする」
 深々と叩頭する頼政が見えた。
――馬鹿な…… 頼政殿
 夜叉丸は僅かに広げた天井板の隙間から下を覗きながら自分の耳を疑った。明らかに頼政の自殺行為である。それほどまでに法皇の意とは逆らえぬものなのか? 
 それとも自らの意志か?
 目を充血させて、頼政の声が震えている。
「院宣が下されたなればこの頼政、老骨ながらわが子共々馳せ参じる所存でございまする」
 高倉の宮の甲高い声が響いた。
「院宣は出せぬ。麿が令旨を出すことに決めた」
 皇太子以下の皇族が発するものを令旨という。親王ですらない王の令旨など、法皇の一言で効力を失う。だが、この令旨は院宣と同じなのだ。後ろに用心深い法皇がいる。
――なんと、用心深いことじゃ、我が息子を隠れ蓑とする気か?
 
77
最初 前へ 74757677787980 次へ 最後
ページへ 
小説家になろうのサイトにて1カ月で2000アクセスを達成しました。
ページの先頭へ