舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
アフィリエイトOK
発行者:鯉詞C
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/25
最終更新日:2011/09/25 11:22

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺― 第9章 法皇幽閉と源三位頼政の煩悶
鴨川の流れが近くに聞こえる。決心するまで時間が必要なのであろう。少し遅れて抑揚のない声が天井裏まで届いた。
「恐れ多くも……法皇様にござります」
 天井裏の夜叉丸は、息を呑んで教経と思わず目を合わせた。
「裏切った!」
 頭に血の上った教経が短く言い放つと静かに鯉口を切った。直情型の教経を夜叉丸が手で制した時、若い公卿の声が響いた。甲高いもののどこか法皇の声に似ている。
「わかっておるではないか。ならば話は早い。今でこそ清盛の世なれど、互いに朝敵を倒し、源平優劣つけ難し。しかるに平家の権勢及ぶ者なく、源氏は平家の家人以下に落ちぶれておると聞く。いかほど辛い思いをしておることであろうや」
 その闇の中にいた若い公卿が名乗った。「源三位殿、会うのは初めてじゃな。高倉の宮である。さて、源家最高位のおぬしが声をかければ、どれだけの源氏が集まるや?」
――以仁王であったか、迂闊であった
 夜叉丸は、後悔して小さく舌を鳴らした。
 彼は、後白河天皇の第二皇子、母は藤原季成の女成子。邸宅が三条高倉にあったことから、三条宮・高倉宮とも称された。幼少のころから才能に優れ、学問・詩歌に秀でていたが、親王宣下が得られず不遇をかこっていると噂されていた。そのため危険な存在ではないと判断して、鬼姫衆の張り番の名簿からはずしていたのだ。
 頼政は全国に散らばっている源氏の名前をひとりずつ挙げた。
――熊野には、保元の乱で敗れた故六条判官為義の末子十郎義盛が……
 河内国には武蔵権守入道義基、その子石川判官代義兼が、と続けた。
――大和国には宇野七郎親治の子供……近江国には……美濃尾張両国には……
 突然天井裏の空気を振るわせ夜叉丸らを狙った特殊な短い矢が飛んできた。
 教経が姿勢を変えぬままに左の中指と人差し指だけで何本も挟んで避けた。同時に夜叉丸も矢が梁や棟に当たって音が出る前に掴み取ると、身体を翻して梁の影から辺りを窺った。六人に囲まれた気配を夜叉丸は感じた。殺気を消している。かなりできる者たちだ。初めて対戦した傀儡子たちの予想外な武器と攻め方に間をおくと相手が有利になる。そう判断した夜叉丸は攻撃の目標を定めた。攻撃は最大の防御なのだ。夜叉丸は先に動いた。
 下から頼政の声が響く。
 
――故帯刀先生義方の次男木曽冠者義仲……
76
最初 前へ 73747576777879 次へ 最後
ページへ 
小説家になろうのサイトにて1カ月で2000アクセスを達成しました。
ページの先頭へ