舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
アフィリエイトOK
発行者:鯉詞C
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/25
最終更新日:2011/09/25 11:22

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺― 第9章 法皇幽閉と源三位頼政の煩悶
「教経と三人はここで待機せよ。残りは天井裏に忍び込む」
 夜叉丸の指示に教経が血相を変えて咬みついた。
「ふざけるな、俺も行く。これは一大事ぞ」
 両手で襟を掴み締めあげてくる教経のしつこさに閉口した夜叉丸は渋々承諾した。
「むやみに太刀を抜いてはならぬ。約束できるか!」
「太刀を預けようか?」
 厳しい夜叉丸の形相をはぐらかすつもりなのか一変教経は子供のような笑顔を作った。
「そうしてくれ、信用できぬ」
 夜叉丸は、狩衣を脱いで身軽になった教経の太刀を預かった。

 警備の薄そうな横手の塀に跳び上がりその上を五間ほど歩いた時だった。最後尾にいた若者が突然首を押さえながら下に落ちた。
「太刀をよこせ」
 教経が鋭く小さな声で夜叉丸を呼んだ時には、既に夜叉丸が真上に張り出した楓の枝に飛び移ってさらに上へ登っていた。教経もチッと舌を鳴らすと夜叉丸に遅れることなく頭上の松の繁みに飛び込んでいった。
――三人潜んでいる
 夜叉丸は、彼らの位置を確認した。その三名は、夜叉丸と教経の速さに戸惑っている。
 夜叉丸は小太刀を操り、音もなく二人の男の首を掻き斬った。一方教経は残った男の背後から首を絞めながら男の腰に刺してあった鎌を抜き取るとやはり首を刈った。そよぐ夜風の静けさよりももっと静かな戦いであった。
 塀の内側に落ちた鬼姫衆の若者は既に事切れていた。配下の二人に仲間の死体を運び出すように命じると、残りの三人は灯りの点った場所を目印に屋根の上へ向かった。
「初めて見ました。吹き矢ですね、彼らは武士ではない。何故あのような所に……」
 警護の北面の武士ではない。安陀羅の疑念に教経が答えた。
「法皇お抱えの傀儡子達だ。今様好きの法皇に謡いを教えているだけかと思ったら……、用心深い法皇じゃ。彼らの特殊な力を利用して影の警護させておる」
 見たことのない武器を使う。蛯子の藤兵衛の傀儡衆とは流れが違うように思えた。
「この先にもおそらく傀儡子が潜んでおるに違いない。安陀羅よ、気をぬくな! それにやむを得ず彼らと戦うことになっても先ほどの俺と教経のように絶対に音をたてるな。声を出させてはならぬ。我らの目的は源三位殿が何故ここに来たのかを探るためじゃ。争いに来たのではない」
74
最初 前へ 71727374757677 次へ 最後
ページへ 
小説家になろうのサイトにて1カ月で2000アクセスを達成しました。
ページの先頭へ