舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
アフィリエイトOK
発行者:鯉詞C
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/25
最終更新日:2011/09/25 11:22

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺― 第7章 旭日と朝霧 藤原秀衡
「秀衡様の御真意を聞かせていただきたく参上いたしました。挙兵の気持ちがあればこの場でお命頂戴つかまつる」
 突然、秀衡は大声で笑い始めた。そして、緊張の解けた隙だらけの身体を夜叉丸の前に晒した。それを見た夜叉丸は逆に萎縮してしまった。
「はははっ、殺すと脅されて本当のことを言う者などいない。わしはもう少し長生きしたいぞ。生かせてくださらぬか。昼間わしの言ったことは本心じゃ。信用できぬのか? 疑っておる目をしておる」
 勢徳世に希な人と評判の秀衡であった。夜叉丸の太刀に殺気がないことを見抜かれた。更に翳りはあるがその澄んだ瞳に好意を持ち始めている様子である。秀衡の経験の長さと深さが夜叉丸の資質と心の翳を見抜いたようだ。一方、夜叉丸は訳合いもなく秀衡に惹かれていく自分の心を見透かされないよう静かに太刀を納めた。
「九郎は平氏討伐のみで心が凝り固まっておる。じゃが政治とはそういうものではないぞ。それだけでは立ち行かぬ。仮に平氏を破ったとして、その後どうする。残念ながら九郎には世を治める力がまだない。世の中が乱れることが目に見えておる。わかるか?」
 夜叉丸は、頷いた。仮に大将がそうでも家来にその才覚を求められればよいが、ただ前に押し出すだけの弁慶ではそれも望めまい。
「清盛殿のことを悪く言う者もあるが、腐った公家の政治に鉄杭を打ったのだ。清盛殿は急ぎすぎ激しすぎるきらいがあるが、嫡男の重盛殿はじめ、優秀な一族で助けおうている。そんな平家に勝てるわけもなく、勝ったとしても先の見通しのない者に大事な兵を任せるわけにはいかぬであろう」と秀衡から夜叉丸は反対に問われた。
「重盛公は、戦のない世を願っております。あの方の夢がかなうよう私は命をかけても惜しくないと思っています」
「だからここまで忍んで来たのか。馬をけしかけたのもおぬしであろう」
 夜叉丸は、黙って頷いた。
 策を弄すやつじゃと秀衡は苦笑いして見せたが厭味は感じなかった。
「おぬしのその才覚で、九郎殿の家来になってもらえぬか。卓越した武芸のみのあやつにはおぬしのような男が必要じゃ」
 夜叉丸は一瞬言葉に詰まった。(この老人は何を言い出すのだ。そんなことできるわけがないではないか)と、薄明かりの中で秀衡の目の奥を覗いて真意を推し量ろうとした。
61
最初 前へ 58596061626364 次へ 最後
ページへ 
小説家になろうのサイトにて1カ月で2000アクセスを達成しました。
ページの先頭へ