舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
アフィリエイトOK
発行者:鯉詞C
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/25
最終更新日:2011/09/25 11:22

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺― 第5章 陰陽師鬼一法眼 対 龍笛
 義経が法眼の方へ一歩踏み出したとき、庭の灯篭の陰から凄まじい風の唸りが聞こえた。ともに潜んでいた鬼姫の合図を待てず義経を見くびり功名を焦った羅刹の矢が放たれたのだ。義経は、風で木の葉が舞うように素手でその矢の勢いを殺しながら打ち落とした。二の矢、三の矢も同様にかわし終えた時、猛烈な気合とともに引き戸をうち開けて夜叉丸らが飛び出してきた。そのまま義経と弁慶を四方から囲った。鬼姫らも抜刀し縁から駆け上がった。
「今宵は懐かしき者供ばかり、現れてくる。これはこれは扇寿姫殿、ますます綺麗に、そして女らしゅうなられたようじゃ」
「わらわは、女ではない!」
 小馬鹿にした義経の言葉に間髪を入れず鬼姫は叫ぶと、八双から中段に構えを変え、切っ先を義経の喉元に合わせた。
「ならば、この義経が女にしてしんぜよう」
義経は、卑猥な薄笑いを浮かべた。
――言葉で責められておる
 夜叉丸の視界の端に動揺を隠せぬ鬼姫が見える。夜叉丸は、鬼姫の太刀先が小刻みに震えているのを一瞥した。そして僅かに取り乱した鬼姫のその反応に夜叉丸の心がざわついた。義経の見せる余裕が夜叉丸の勘に触る。五条の橋の再現であった。
弁慶が烈しく打ち込んできた薙刀を夜叉丸は一太刀で撥ね返した。
「弁慶、止めよ。我はすでに五条の橋の上で、おぬしの太刀筋を見切っておる。この兼永の太刀で、鎖帷子ともども斬り捨てる」
 夜叉丸に一喝されて弁慶の動きが止まった。腰を落とした夜叉丸達は、張り詰めた空気の中で義経と弁慶との間合いを一寸ずつ縮めていった。
「夜叉丸と申したな、強くなったか? 教経の姿が見えぬがうぬらだけで我が討てるや」
 義経が太刀先を夜叉丸に向けて楽しそうに笑った。その余裕にカッとなるのを押さえて夜叉丸は義経が過信していることを思い知らせてやりたかった。
「確かに桁違いに強い教経は来ておらぬが、この距離では教経でさえ羅刹の矢は防げぬ」
 羅刹が弓を引き絞る音が響いた。彼の能力を読み切った義経は羅刹に切っ先を合わせて半身に構えなおした。口元から薄ら笑いが消えた。初めて見る義経の緊張した表情だった。
 夜叉丸は勝利の確信を無理やり殺して、義経への間合いを詰めようと歩を進めた。
 その隙を突き弁慶が築地塀に向かって合図した。
45
最初 前へ 42434445464748 次へ 最後
ページへ 
小説家になろうのサイトにて1カ月で2000アクセスを達成しました。
ページの先頭へ