舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
アフィリエイトOK
発行者:鯉詞C
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/25
最終更新日:2011/09/25 11:22

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺― 第3章 五条大橋の死闘
 夜叉丸は自然と流れの中で弁慶を相手にするようになった。弁慶が力まかせの大振りであることに気づいた夜叉丸は、じっと隙を見て振り回される錫杖を一気に掻い潜り懐の内に飛び込んだ。
――勝った!
 確信した夜叉丸が思い切り胴を払うと、カチッという金属音とともに太刀が折れた。黒糸縅の腹巻の下に帯代わりの鎖を仕込んであったのだ。しまったと思った時にはもう遅かった。夜叉丸は強かに弁慶から打ち据えられて橋の上に叩きのめされた。次の弁慶の攻撃は辛うじて避けたが、足が痺れて立ち上がれなかった。
 弁慶が夜叉丸を甚振るように笑いながら鋭く錫杖を振り下ろした。だめだと夜叉丸が目を閉じた瞬間、鬼姫が飛び込んできて下から太刀で錫杖を受け止めた。太刀が吹き飛ばされ、鬼姫は夜叉丸を庇うように夜叉丸に折り重なった。愚弄するように弁慶は錫杖の先で鬼姫と夜叉丸の自由を奪った。
「命までは所望せぬ、鬼姫殿。そうじゃの、その髪をおろして尼姿にでもなってもらおうか」
「弁慶、無体なことを言うな、それよりもわしはこの姫が気に入ったぞ」
 稚児姿の若者はそう言いながら寄ってきて、鬼姫の胸に指を伸ばして荒々しく揉んだ。突然のことに鬼姫は驚いて思い切りその淫らな手を振り払った。
「鬼姫は、女じゃ。それもよき女じゃ。いくら男のように振舞っていようがの」
 鬼姫は「わらわは女ではない」と小声で唇を振るわせていた。
 夜叉丸は、剣で脅されながら甚振られている鬼姫を助けることができない不甲斐無さに苛立った。しかし、いくら苛立っても弁慶に打ち据えられた身体が痛みで指一本動かせない。肋骨が何本か折れているようだ。気をしっかり持っていなければ意識を失ってしまいそうだった。夜叉丸は稚児姿の若者を憎悪することで気を奮い立たせた。
「怒った顔も綺麗じゃ。今度屋敷に夜這ってしんぜよう。わらわの子を産め。扇寿殿」
 稚児姿の若者は、右手で剣を鬼姫の首に突きつけ脅しながら、左手で鬼姫の顎を引き寄せると優しい手つきで鬼姫の汗ではげかけた紅い隈取りを拭った。
「思った通り、綺麗な顔じゃ」
 男は鬼姫の顎をさらに引き寄せ唇を吸った。
「何をする。下郎!」
 鬼姫が叫んだ。鬼姫の目が怒りに燃えている。とぼけたその男の顔に思い切り鬼姫は唾を吐きかけ、睨みつけた。しかし、なぜか夜叉丸の知っているいつもの鬼姫と様子が違い、顔を火照らせてうろたえている。
30
最初 前へ 27282930313233 次へ 最後
ページへ 
小説家になろうのサイトにて1カ月で2000アクセスを達成しました。
ページの先頭へ