舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
アフィリエイトOK
発行者:鯉詞C
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/25
最終更新日:2011/09/25 11:22

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺― 第2章 平氏の剣
 夜叉丸は六尺棒の中ほどを握り頭上や体側で素早く回転させながら腰を落とし、ゆっくりと間合いを詰めていった。鬼姫は静かに太刀を抜いて八双に構えた。
「強そうじゃな、名前ぐらい聞いてやろう」
 夜叉丸が大男を挑発するような不敵さで笑った。夜叉丸や鬼姫の背の高さは男の半分ほどにしか見えない。
「洟垂れごときに名乗る名などない。もう我慢がならぬ。ぶっ殺してやる! 後悔するな」
 そう叫ぶや夜叉丸めがけて長刀を袈裟懸けに力一杯振り下ろしてきた。空気が鈍い音をたてた。しかし、それよりも早く夜叉丸は男の死角に跳び、鬼姫は目にも止まらぬ速さで長刀の柄を一刀のもとに両断した。そしてすぐさま切っ先を男の喉元に突きつけた。
――小僧が、消えた…
 国久丸は夜叉丸を見失った。彼は今までに経験したことのない恐怖を感じたその瞬間、背中に激しい痛みが走った。思わず振り返ると今度は両の肩口を連続に六尺棒で打ち据えられた。堪らず膝をついて倒れるや、すぐ近くにいた禿が素早く倒れた大男の髻を切り取った。
「これは汝が髻にあらず、主の物と思え」
 この程度では、汗もかかぬと鬼姫が頬を膨らませて不満を表し、目を男から夜叉丸に移すと、夜叉丸は短く鼻を鳴らしただけで何も答えず、仏頂面のまま後ろへ下がっていった。

 すでに控えの牛さえも何処かへ逃げていったらしい。簾は引き落とされ、屋根は半分惨めに破壊されていた。ひとりの禿が中で震えていた基房の襟を掴んで外に引きずり出した。
「麿を摂政藤原基房と知ってのことか! 無礼であろう。平家に対する悪口など言った覚えはない。なにかの間違いでござろう」
 基房の甲高い声が上ずって早口になっていた。
「間違いではない。先日、わが兄資盛中将を馬から引きずりおろし、辱めたであろう。藤原基房卿、たとえ殿下といえ、清盛入道の孫と知っての狼藉か! 無礼である」
蓮台野へ鷹狩りに行った資盛が馬上六波羅へ帰る道すがら、御所へ向かう摂政藤原基房の車と、大炊門猪熊で鉢合わせしたのだ。下馬の礼を取れという関白の警備の武士を無視して行こうとしたところ、資盛らを馬から引きずり下ろし、散々に恥辱を加えた。
「言いがかりじゃ、知らぬ、知らぬ! 麿が命じたのではない」
20
最初 前へ 17181920212223 次へ 最後
ページへ 
小説家になろうのサイトにて1カ月で2000アクセスを達成しました。
ページの先頭へ