舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
アフィリエイトOK
発行者:鯉詞C
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/25
最終更新日:2011/09/25 11:22

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺― 第15章 倶利伽羅峠 対決巴御前
俄作りの竹槍二百本が唸りをあげ次々と義仲軍先鋒隊に向かって飛んでいく。先端を鋭く尖らせたその竹槍は何人もの敵を串刺しにしていった。
 義仲軍が怯んだ。すぐさま夜叉丸と鬼姫が隠してあった馬に騎乗し、駆けた。後方に十頭の騎馬隊が続く。同時に前方に忍ばせていた組の斬り込みが始まった。
 宮毘羅組と摩虎羅組の他四組計六組三十名が孟宗竹の強力な弾性を利用して空中高く跳ね上がり敵の頭上から攻撃を掛け続けた。伐折羅組と安陀羅組・毘羯羅組十五名はまるで地の中から這い出たかのごとく敵の中心に姿を現し攻撃を開始した。敵味方入り乱れた混戦の中で夜叉丸も鬼姫も部下を指揮しながら縦横無尽に戦った。十二分に鍛えられた鬼姫衆は、白刃を閃かせ無駄のない動きで一刀のもとに敵を殪していった。
 しかし、幾人敵を殪そうとも時が経てば経つにつれ追いついてきた後続部隊の圧倒的な多さに効しきれなくなってきた。
「鬼姫! 戻れ」
 下馬し壮烈な白兵戦に我を忘れて、さらに敵の深みに入って行こうとする鬼姫を夜叉丸は呼び止めた。鬼姫が自分を取り戻し頷いた。
「退却!」
 夜叉丸の鋭い声が竹林を木霊した。その声に五十数名の鬼姫衆は、太刀を納め、くるりと反転すると全力で決められていた場所に向かって走った。そこには何本もの蔦がぶら下がっていた。一斉にその蔦に掴まると孟宗竹の弾性を利用し、まるで鳥のように繁みの向こう側へと飛んでいった。彼らの下を待機していた鬼姫衆が切れ目なく竹槍と矢を放って援護する。
 火を放った。生乾きの竹と笹は大量の煙を出し、義仲軍に向かって棚引く。
「待てぃ!」
 勢い込んで追って来た義仲軍が大声を出しながら、その視界のきかない繁みに足を踏み入れた途端、彼らの声は悲鳴に変わった。横長の段差を格子に編んだ竹と笹の葉で巧みに偽装した落とし穴であった。先を尖らせた竹が何本も隙間なく埋め込まれたその上に次から次へと後ろから押されて落ちて行く。助けようとする者も逆に引き込まれている様子が見えた。
 しかし、そんな自軍の惨劇を物ともしない大軍がその後ろから押し寄せて来る。
「少しは時が稼げたか」
 夜叉丸は全員を馬に乗せると、次の待ち伏せ地点に向けて駆け出した。
――義仲の火牛の計に何倍もいた我が軍が不甲斐無くも敗走している。逆だ! 逆も真。勢いに乗った義仲軍にも必ず弱点があるはず。それは、どこだ! 
116
最初 前へ 113114115116117118119 次へ 最後
ページへ 
小説家になろうのサイトにて1カ月で2000アクセスを達成しました。
ページの先頭へ