舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺―
アフィリエイトOK
発行者:鯉詞C
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/25
最終更新日:2011/09/25 11:22

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
舞う蝶の果てや夢見る ―義経暗殺― 第14章 静御前の神技
 教経がその美しさに杯を落として慌てた。鬼姫は、あらぬ方向を向いて頭を掻いている夜叉丸を見てなにか怒っている様子に見えた。幼馴染が秘密を持っていたことへの怒りだった。
「薩摩守忠度様をはじめ平家の皆様、初めてお目にかかります。白拍子の静と申します」
「今、都で評判の静御前か、面をあげよ。して、夜叉丸とは?」
 どのような関係かと父親のような顔で忠度が聞いた。
「一ノ関にて、夫婦の契りを結びました。恐れ多くも清盛入道禅下が身罷られました折、世情定まらぬ内は会うこと叶わぬとの約定のため、暫らく鎌倉におりましたが、墨俣での大勝利を聞き、急ぎ参りました」
 わざとらしい咳払いで夜叉丸はそんな約束はしていないと、教経に言い訳した。
「鎌倉にいたのか! どうじゃ? 頼朝の様子は」
「教経よ、そのような無粋なことを聞くでない」
 忠度は、白拍子風情に政治向きのことを聞くなと教経を嗜めた。
「はい、頼朝様は兵威を振って天下を取ると仰せられた将門様になろうとしておるように見えました」
 静は謙虚に答えた。忠度の目が光った。
「坂東に王城をつくろうとしておると言うのか。奥州のごとく」
「ご拝察の通り。鶴岡八幡を内裏に見立てた街づくりに今大騒ぎになっております」
 静の物怖じせぬ姿に忠度も感心した様子で、「近う寄れ」と命じた。酌をする静に夜叉丸は教経たちを紹介した。
「こちらが、おぬしが憧れていると申した鬼姫様じゃ。名は扇寿」
 静が小さな驚きの声を上げた。
「もっと、恐ろしき方だと思っておりました。かようにお美しき方だなどと、夜叉丸様はひと言も…… まるで高貴な白百合の花のよう」
 静の意図のない驚きように、鬼姫の表情が崩れたが、すぐ無愛想な顔にわざとらしく戻すのを夜叉丸は怪訝に思った。
――静のことが気に入らぬのか?
 しかし、そんな夜叉丸の心配をよそに教経はなぜかはしゃいでいる。
「夜叉丸とのこと、もっと聞かせよ」
 教経が夜叉丸の首を絞め上げながら無理やり酒を飲ませた。夜叉丸がそれほど酒に強くないことを静はよく知っているのだ。
 扇で口を隠して笑いながら、静は「はい」と答えた。
 夜叉丸が盗賊を撃退したこと、一緒に平泉まで旅したこと、夜叉丸の鼓で、秀衡の館で舞った事など、……聞いている者を飽きさせずに話した。
105
最初 前へ 102103104105106107108 次へ 最後
ページへ 
小説家になろうのサイトにて1カ月で2000アクセスを達成しました。
ページの先頭へ