私立全寮制御堂学園物語 ダークサイドバージョン
私立全寮制御堂学園物語 ダークサイドバージョン
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/25
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
私立全寮制御堂学園物語 ダークサイドバージョン 第11章 第十章 凶器
 気丈な将大が泣きはらした目を拭いながら、担任教師の車に乗るのを見送り、純也は唇を噛んで、猪瀬を見上げる。
 険しい眼、風になびく髪。
 「僕のせいだ。岡本専務をこの件に巻き込んだのは僕だ。もっと危険性を認識すべきだったよ」



 「お父さん、お父さん! お父さんっ!」
 少年の涙混じりの声。霞む視界に《息子》の泣き腫らした顔が見える。
 「将大……」
 将大は目を開いた《父親》にすがりついて泣いた。
 「……僕、二回も……お父さんを亡くしたくないよ……」
 小学生にしては大柄で、しっかり者だったはずの将大が、小さく見える。こんなにも、幼かったのか。ほんの子どもだったのか。二年前引き取った日から、寂しさも悲しみも少しだって見せなかった将大が。
 「将大……。お父さんは大丈夫だよ。わしは運が強いんだ。ほら、この通り何とも……あ痛ッ……」
 肩の銃創は手術して数時間しか経っていない。力瘤など見せようとすれば麻酔が効いていても痛んで当然だった。
 痛みで顔をしかめる泰山と、心配そうに身を乗り出す将大。二人はその直後、顔を見合わせ、小さく笑いあった。

   †

 うめいて寄りかかる涌坂の体から清家は身を引き、涌坂は膝から崩れ落ちてうつ伏せに倒れた。

34
最初 前へ 31323334353637 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ