私立全寮制御堂学園物語 ダークサイドバージョン
私立全寮制御堂学園物語 ダークサイドバージョン
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/25
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
私立全寮制御堂学園物語 ダークサイドバージョン 第9章 第八章 リベンジ
 深夜学園に戻り、全ては明日にしようという猪瀬の言葉に従い、三人は、それぞれ床に入った。
 地下駐車場での《出来事》の後も、この、裕の自殺騒ぎの後も、肉体も精神も疲労困憊であった彼らだが、無慈悲にも悪夢は、二晩彼らを責めるのをやめなかった。また彼らの肉体あるいは《性の装置》に刻まれた傷も深く、下半身を駆け巡る認めがたい高ぶりに、それぞれが、また心の傷を深めていた。

 翌朝九時半、三人は、揃って猪瀬の部屋に出向き、純也が、ドアをノックした。
 四人が、車座になる。重い沈黙が続く。
 何をどう話せというのだ。自分たちがされたことを逐一、語れるだろうか。
 猪瀬が、口火を切った。
 「すまない。どう云えばいいかな。……じゃ、まずイエスかノーかだ」
 ピックを右手で弄びながら、猪瀬が続ける。
 「裕君の、自殺未遂には、清家が絡んでるね?」
 三人がばらばらと頷く。
 「で、もしかすると、涌坂も?」
 また三人が頷く。
 (やはり、な……)
 「まず、話しやすいように告白しよう。涌坂も僕も、男性同士が愛し合うということ、さらには、君たちのような、幼い少年を愛するという、嗜好が存在することをよく知っている。そして、僕も涌坂も、現実に少年に性欲を感じ、そういう嗜好を持ってることをお互い知っていた」
 純也は、裕が猪瀬を見つめる時の眼差しを思い出した。
 「さらに、清家と涌坂は、清家が中二の頃までは、肉体的な関係があった」
 この暴露は、三人を驚かせた。しかし、誰も何も云わず、ただ猪瀬の口元を見つめている。
 「男と男の愛、男色だとか、ゲイだとか、それから少年を性的に愛する少年愛。僕がそのことを云った時の君たちの顔を見ていれば、おそらく清家と涌坂が裕君にしたことは、性的ないじめ、もしくはレイプに類することなんじゃないかと思う。いや、裕君だけじゃない。君たち三人も、被害者だね?」
 三人は、やはり頷く。亮平の顔が、心なしか歪む。将大はその顔を、気遣わしげにちらりと見る。
27
最初 前へ 24252627282930 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ