私立全寮制御堂学園物語 ダークサイドバージョン
私立全寮制御堂学園物語 ダークサイドバージョン
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/25
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
私立全寮制御堂学園物語 ダークサイドバージョン 第8章 第七章 悲劇
 一時を過ぎて、さすがに帰らなくてはならなくなった。後部に将大と亮平、助手席に純也を乗せて、猪瀬は車を走らせた。
 御堂学園がほど近くなってから、猪瀬が三人に語りかけた。
 「何もかも手遅れかもしれないが……今からでも、僕に全てを話してくれないか。このままユウを失うなんて、僕には耐えられない」
 純也は猪瀬の頬を伝う涙を見た。大人の男が子どもに見せる、めったにない涙を。
26
最初 前へ 23242526272829 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ