私立全寮制御堂学園物語 ダークサイドバージョン
私立全寮制御堂学園物語 ダークサイドバージョン
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/25
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
私立全寮制御堂学園物語 ダークサイドバージョン 第8章 第七章 悲劇
 虫の知らせ、というやつだろうか。
 純也をはじめとして将大、亮平、猪瀬が、コミュニティスペースを目指して自分の寝床なり部屋を出た時間は、一分とずれていなかった。どうやら、裕が浴室に向かった時間からも半時間と遅れていなかったようだ。
 純也の叫び声を一番に耳にしたのは、うたた寝をしていた当直の後藤田さんだった。後藤田に一分と遅れず、ほとんど同時に猪瀬らも風呂場にたどり着いた。コミュニティスペースに近づけば純也の叫ぶ言葉の意味は鮮明に伝わり、皆血相を変えて駆けつけたのだった。
 猪瀬が純也に代わって裕を抱え、心拍を確かめ、意識の回復を試みている間に後藤田が救急車を呼んだ。救急急車にみんなが乗るわけにいかない。救急員は大人の猪瀬を選んだが、猪瀬は純也の背を押して彼を同乗させた。二人乗ることも可能だったが猪瀬はそうせず、救急車の出発を見届けるとすぐ将大と亮平を呼んで、一緒に自分の車で病院に向かった。

 猪瀬のインプレッサは闇夜にターボの咆哮を響かせ、山道をタイヤを軋ませて疾駆する。
 「……スピード、大丈夫ですか?」
 知らず知らずお互いの手を握りあい、後部座席に並ぶ二人。病院までで一言だけ、亮平が発した言葉だ。
 「……それは信用してもらっていい。……だが、僕は!」
 猪瀬は厳しい目で、フロントガラスに映る自分をにらみつけている。
 (最低だ……僕を頼りにしてくれていたのに!)
 病院のベッドでは、左手に痛々しく包帯の巻かれた裕がベッドに横たわり、純也が丸イスに座って裕の小さな手を握っていた。後ろに、将大と亮平が寄り添って立っている。
 裕の意識は戻らず、生死の境を彷徨っていた。
 二時間ほどして、両親が病院に到着したが、純也はベッドサイドを離れず、裕の手を離さなかった。深夜、一度だけ、純也は裕が、自分の手を強く握り返すのを感じた。はっとして、医師の顔を見る。わずかに、裕の口が動いた。
 「純ちゃん。ごめん……」
 そしてまた、裕の意識は闇に沈んでしまった。

  †

25
最初 前へ 22232425262728 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ