私立全寮制御堂学園物語 ダークサイドバージョン
私立全寮制御堂学園物語 ダークサイドバージョン
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/25
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
私立全寮制御堂学園物語 ダークサイドバージョン 第4章 第四章 恐怖
 エレクションというものは当然のことながら本人の心理に大きく左右される。目の前に穴があれば勃起するというものではない。例えば幾ら手指による快楽の刺激を加えても、喉元に匕首を突きつけられていたら、勃つ男はいまい。
 本能と感情による《拒絶》の信号が、絞首刑の恐怖で今も冷たい汗が止まらない亮平は勿論、先ほどまであれほど乱れていた裕をも、性的興奮から遠ざけていた。覚悟を決め、命令通りにしなければもっと酷い運命に陥るかもしれないと恐れていても、いやそれ故に焦れば焦るほど、縮んでしまった性器は彼ら自身の懸命な手指の刺激に反応しなかった。

 (ビビらせ過ぎたかな)
 涌坂はまたしても三十秒も吸っていない煙草を、床にぽとりと落として踏み消した。そして、気を取り直した宮下のセッティングしたライトに照らされる四人に背を向け、また柱の影の深い闇に消える。
 間もなくまた闇から姿を現した涌坂は腕組みする清家の横に立つ。
 「ほれ」
 小声で清家に何か耳打ちすると、彼の手に小さな茶色の小瓶を手渡す。
 清家は裕の後ろに、涌坂は亮平の後ろに静かに立つ。懸命に自らの性器を刺激していた二人が、その挙動に気づいたか定かではない。
 「手伝ってやるよ」
 清家は腰をかがめ、小柄な裕の耳に温かい息を吹きかける。中指を立て、アナルに挿入した。内部は汚辱に湿潤しているであろう。ローションの必要もなかった。
 「う……」
 快楽のスポットを探る指の動きに、裕はかすかに反応する。清家の空いた手には、茶色の小瓶。器用に指を使って、清家は瓶の栓を床に落とした。親指と人差し指で細長い瓶をつまみ、裕の口を塞ぐ。
 「深く静かに、息を吸う」
 催眠術師の暗示のようだ。強制されているのは確かだが、裕は抗うなど全く考えず、鼻から呼吸する。
 やがて鼓動の高鳴りを覚え、その体の興奮と反比例した眠気のようなものを感じた。色白の裕の体が、風呂上がりのように朱に染まっていく。赤子のようななめらかな肌。清家は腸内の指を動かし、快感のスポットを探る。
 「う、アッ……あ……」
 たちまちにエレクトする、裕の幼いペニス。

12
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ