私立全寮制御堂学園物語 ダークサイドバージョン
私立全寮制御堂学園物語 ダークサイドバージョン
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/25
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
私立全寮制御堂学園物語 ダークサイドバージョン 第1章 第一章 宣告
 「動くな!」
 血相を変えて立ちあがった裕と将大を、涌坂は凄みのある怒声で制する。二人は、凍り付く。
 高い天井の闇に滲む梁から伸びたロープに首吊りにされ、宙に浮く亮平と純也の苦悶に歪む顔、信じられない程のスピードで蒼白に変わっていく。突っ張った足は置き場なく揺れる。
 「やめ……!」
 再び腰を浮かせた将大のあごを、涌坂は革靴の先で仮借無く蹴り飛ばした。将大は裸の体を冷たいコンクリートの床に仰向けに伸ばし倒れた。
 「そんな簡単に人は死なないもんだ。自殺するのに首吊り選ぶガキ多いけど、死ぬまで何分かかるか知ってるか」
 倒れ伏し呻く将大の代わりに、涌坂は、床にうずくまり恐怖に目を見開く裕に向かってそううそぶいた。
 涌坂は陽焼けした太い腕に巻かれた金色の腕時計と、吊られた二人の顔を交互に見ている。清家は、その涌坂の真意を推し量ろうとするように彼の顔を見、吊られた二人の、力を失っていく足の指先を見ていた。
 二人のうちでは体重の重い亮平の意識がほとんど消え、泡の混じった唾液の垂れる口が開き、足のけいれんも止まった時、涌坂は清家に鋭く目配せした。
 まるで軍隊のツーマンセルのように、素早く動く涌坂と清家。涌坂は亮平を、清家は純也を背後から抱える。亮平はグッタリと動かず、純也は恐怖に前後を見失って暴れる。清家は無慈悲に彼の下腹部を打ち、動きを止めた。
 「亮平……君」
 痛む体を何とか起こした将大が、絶望感にわななく口から、弱い声を漏らした。
 「生きてるよ。見ろ」
 涌坂は、ぐったりと身を横たえる亮平のあごを、大きな手で押し下げ、少し頭が上がるようにする。亮平の口が開くが、明らかにわかる呼吸は感じられない。あごを押さえる手を革靴の先に変え、湧坂はゆっくりと立ち上がり、ズボンのジッパーを下ろした。
 「何……するんだよ……やめ、て……」
 将大にももう、立ち上がって涌坂を制止しようとするだけの気力はなかった。恐ろしかったのだ。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ