僕は知っている
僕は知っている
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/18
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
僕は知っている 第2章 第二章 友也と唐川-1
「驚いた?」
 全裸になってくるりと回って見せ、唐川は友也に笑いかけた。
 友也はごくりと唾を飲み、うなずいた。
「おじさん、ヤクザなの?」
 あまりにも素朴な質問だった。友也の外見相応の子どもらしさに初めて触れた気がした唐川は、さらに表情を和らげた。
「まあね。でもヤクザはね、君みたいな悪い子には意外と優しいんだぜ。少なくとも警察よりは」
 友也もちょっと笑った。ように見えた。

 唐川は友也にもう一度背中を向かせ、靴下を脱がせると、彼の背中を押すように一緒にバスルームに入った。

 中はユニットバスだ。トイレが一緒になっていて狭い。友也にはこういう設備も初めて見るものだった。

 仄暗いオレンジの照明の下、トイレとバスタブを仕切るカーテンを閉めると、男と少年二人にとって、そこは息苦しいほど狭かった。だがその密室感、密着感が、唐川に性の高ぶりをもたらした。背中を見せる少年にとってどうなのかは、謎だ。

 唐川はシャワーノズルを取り、湯を出して、手にそれを流しながら湯温の安定を待った。そして、「よし、洗ってやるからな」と言い、少年の頭に湯を浴びせ、袋入りの小さなシャンプーを全部頭上に開けた。少年は自分で頭に指を立てて、髪を洗う。顔も洗っている。
 唐川は薄っぺらい備え付けのせっけんを取って、ちょっとシャワーノズルを少年に持たせ、その姿勢良く反った背中にせっけんを塗りつけて伸ばす。上から下に。肩甲骨から背骨を沿い、やがて臀部に。尻をなで回された少年は、一瞬だけ男の手を払いのけるような仕草をしたが、すぐにやめた。すでに「行為」は始まっているのだ。それを少年は理解していた。やはり「初めて」ではないのかもしれない、と唐川は思った。
「狭いけどな、ちょっとかがんで、そっちに手をついて、尻を突きだしな」
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ