僕は知っている
僕は知っている
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/18
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
僕は知っている 第8章 第七章 僕と唐川、そして友也-1
 きっちり二十分後に、電話がかかってきた。だが、それは少年の声ではなく、低く張りのある男の声だった。
「場所は都内のマンションです。二時には到着したい。今から一時間以内にはお迎えにあがりますので、軽く昼飯を済ませておいてもらえますか」
「お迎えに?」
 そうだ。彼らは僕の住処を知っているのだ。男の口調は慇懃だったが、張りのある低い声は説明不能の威圧感に満ちていた。カタギでない匂いがする。危険を知らせる警報装置が僕の頭の後ろの方で鳴り響いていたが、今さら後には引けない。
 僕は電話を置き、早足で近所のコンビニに行って、適当な弁当を買って帰宅し、それを食べて、シャワーを浴び、髭を剃り、歯を磨いた。そうして心を落ち着かせた。手近なポロシャツと綿パンを身につけて、「お迎え」が来るのを待った。

 電話から五十分きっかりで、外に車の音がした。出てみると、それは真っ赤なポルシェだった。このうらぶれた住宅街には目立ちすぎる乗り物だ。おまけに左ハンドルだった。

 車から降りてきたのは、赤いジャケットにサングラスの男だった。もちろん黒崎は知る由もないが、彼は五年前からトレードマークを変えていない。ただしもちろん五年前と全く同じ服を着ているわけではないが。ただ、アニメーションの主人公は歳をとらないが、彼は年相応の貫禄を備えていた。

「黒崎先生ですね? 唐川と言います。友也君の友達です。助手席に乗っていただけますか? 狭くて申し訳ないが」
 直に聞くと彼の声はより一層威圧感のある低音だった。僕は無言で右側の席に乗り込んだ。
 ポルシェといえば高級車だろうが、スポーツカーというものは乗り心地がよいものではない。天井は低く圧迫感があったし、一般的な日本車より、サスもかなり硬い気がする。
「唐川さん?」
「はい、なんでしょう?」
 唐川はスポーツカー向きではない住宅街の隘路を、注意深く運転しながら返事した。
「僕は唐川さんに何か質問しても構わないのでしょうか?」
 唐川はサングラスを中指でちょっとあげて、またハンドルを握った。
「友也君のことならば、僕が責任を持って答えられることは何一つありません。ただ一つ、ありがちな誤解を解くためにあらかじめ申し上げておくならば、僕はこの場では、特に重要な存在ではないのです」
「というと?」
33
最初 前へ 30313233343536 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ