僕は知っている
僕は知っている
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/18
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
僕は知っている 第7章 第六章 僕と電話の少年
「僕には何かの罠のように聞こえる」
「罠?」
「かわいい声の、見知らぬ少年から電話がかかってきて、僕が少年に欲情することを知っていて、僕とセックスしてもいいという。世の中にそんなシュールレアリスティックな、都合のいい展開があっていいものだろうか」
 僕はわざと、大人と会話するような言葉を選んだ。心臓の鼓動を落ち着かせながら。
「先生を罠にはめる気なら、とっくにそれができるだけの材料を、僕は持っていると思わない?」
「確かに君の言うとおりだ」
「罠かも知れないけど、もしかしたら、かわいいかどうかは保証しかねるけど(笑い声があった)男の子を抱けるかもしれない。そんなチャンスに賭けてみる気はない?」
「君の方にはどんなメリットがあるんだろうか」
「何度も何度も言っているけど、僕は先生に僕を思い出して欲しい。そこから全てが始まるんだ。そして決着がつく」
「会えば思い出すだろうと、そう言うんだね」
「うん、きっと」
「わかった。会おう。場所や時間は、君が決めてくれていい」
「ありがとう。三十分以内に、もう一回電話をかけるから、どこにも出かけないで」
「オーケー」
 電話が切れた。
32
最初 前へ 29303132333435 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ