隠されし座・京都テクスト
隠されし座・京都テクスト
成人向アフィリエイトOK
発行者:植木JIJI師匠
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:青春・友情

公開開始日:2011/09/16
最終更新日:2011/09/16 17:14

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
隠されし座・京都テクスト 第1章 京都府向日市物集女町・第二回生病院
黒いボートの黒い水に浮かんで、ボクは漂流した。
  
  
  
  空振りだった。
  カークランドの豪快な空振りだった。
  
  誰が、どこで、何を考えようと構わないが、よりによってボクは一九七〇年のタイガースの、カークランドの空振りを思い出した。



  
  ピッチャーは堀内で、ツーアウト・フルベース・ツースリーだった。
  堀内が大きく振りかぶり、切れの良いカーブを投げ込む。カークランドのバットが空を切る。

  
  堀内がベンチへと歩き出し、カークランドはヘルメットを地面に叩きつける。
  そういう時代があったのだ。


  
  誰にでも予想できる結果が、すんなりと達成されるという時代だ。
  その結果に対して、誰もが納得した時代だ。

  
  ツーアウト・フルベース・ツースリー。誰が考えてもカーブだった。
  日本中がカーブを待っていた。

  
  しかるべき時が来て、堀内はカーブを投げ、カークランドはカーブを打つためのバットを振る。



  
  そしてボールはバットに当たらず、豪快な空振りと観衆のどよめきだけが残された。
  誰が善で誰が悪か、善は常に勝ち、悪は常に滅びる。
  
  
  ボクにとっての一九七〇年は、そういう時代だったのだ。



1
最初 前へ 123 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ