月に焦がれて
月に焦がれて
アフィリエイトOK
発行者:癒水月
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/10
最終更新日:2011/09/10 17:18

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
月に焦がれて 第1章 ep1
ある満月の夜、少年は窓から月を眺めていた。
その日の月は、あまりに魅惑的で、幻想的で、少年の心を駆り立てるには十分すぎるほどだった。
彼は月を間近で見たいという衝動に駆られ、彼は玄関の扉を開けた。
「寒い。」
当然だ、今の季節は冬。どう考えても薄い長ズボンと長袖一枚で歩けるような気温ではない。
いくら月を見たくても、体調を崩してしまっては本末転倒だ。
それに、考えなしで出てきてしまったせいで、いつもなら持って行く観察に使う道具の準備も持ってきていなかった。
早く見たいという思いに駆られながら、少年は道具を持ち、服を着込んで再び表に出た。
呼吸をする度に肺に軽い痛みを伴い、白い息が吐き出される。
肺が痛むことからどれだけ外気が冷たいのかが窺えた。
「此処から一番近いところで星が見られるところと言ったら……東尋坊か。」
一人でそんなことを口にしながら、少年は歩みを進めた。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ