好きになったヒト
好きになったヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きになったヒト 第11章 未練5
俺は受け取ったものの、開けるきにならない。
タカヤさんは、ごくごくと言い飲みっぷりだ。

俺のほうに寄ってくるとつまらなそうに俺を眺める。

「飲まねえの?飲みたくなくても、飲めよ。ちっとは気分も変わんだろ。」

「今飲んだら、タカヤさんにクダ巻きそうなんで。」

「巻きゃあいいさ。ぐるぐるに巻き付けよ。」
そう言って俺が手に持っていたビールを取り上げると、蓋を開けて俺に差し出す。
俺はそれを受け取って喉に流し込む。
思ったよりもおいしく感じられた。

正直缶ビールの一本くらいでは俺は酔わない。
一気に飲み干して、空になった缶を潰す。

「そんで?巻きついてくれんじゃねえの?」
タカヤさんは俺をからかうように言う。

「なにが楽しくて、タカヤさんに巻き付くんですか。それこそやってられませんよ。」

「お、いつもの調子がでてきたじゃねえか。」
タカヤさんはうれしそうに俺の隣の椅子に座って、挑発するかのように顔を近づける。

俺は空腹なところへ一気にアルコールを流し込んだ所為か少し頭がぼーっとしてきた。
俺の顔を覗き込むタカヤさんの顔をただ眺める。
ゆっくりとタカヤさんの顔が近ずく。
唇が重なる。
舌が割り込んでくる。
という、一連の流れは理解できていた。けれど、俺はただそれをどこか別のところから見ているような気分で、ひとごとのようで、ただされるがままだった。

タカヤさんの顔が離れる。
バチバチと目を瞬かせている。

「抵抗するとか、キスを返すとか、ねえの?」

「なにすんですか。セクハラで訴えますよ。」
俺はタカヤさんを睨みつける。

「おまえが元気ねえからさ、元気づけてやろうとおもってな。」
何食わぬ顔でそんなことを言って退ける。
俺を見つめ返す黒い瞳。本心の読みとれない目。まるで自分を見ているようで嫌になる。

「そんなんで元気になるのは、あんたに群がって来る女の子だけです。」

タカヤさんは俺をじっと見つめて、そして目を逸らした。タカヤさんも俺と同じことを思ったのだろか。自分に似ていると・・・。

タカヤさんは冷蔵庫からビールを何本も出して、テーブルに並べる。
職場の冷蔵庫にこんなに酒が詰まっているのも珍しい。

「飲むぞ。どうせしばらく雨もやまないだろうし。」


86
最初 前へ 83848586878889 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ