好きになったヒト
好きになったヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きになったヒト 第11章 未練5
「そういや、本名だったんだな。俺はおまえもてっきり偽名なんだと思ってたよ。」

「え、おまえもってことは、タカヤさんは違うんですか?」

「いや、俺も本名だよ。藤原さんの話だよ。」

「ああ。びっくりした。俺が藤原さんの紹介で入ったからですか?」

「うん。」

「ああ、そうだ。言い忘れるとこだった。俺とおまえがタカヤとマナトだってのは伏せる。そんで、俺が佐藤でおまえが伊藤だ。セイジは後藤な。」

「え、そうなんですか?そういうことは早く言ってくださいよ。」

「悪い。こないだ重役と話してて決まったんだ。忘れてた。」

「了解しました。佐藤さんですね。やっぱ藤使うんですね。」

「ああ、慣例だからな。」

俺は頷く。

事務所の近くのコインパーキングに車を止めて歩く。
引退してから一度も来ていない。
懐かしい街並み。いくつかテナントが変わっている。

タカヤさんと一緒にエレベータに乗る。

「懐かしいな。」
さすがのタカヤさんも感慨深いって顔してる。

ドアのところのセキュリティも懐かしい。
タカヤさんが番号を押す。

「俺とおまえの解除キー復活してっから。昔の覚えてるか?」

「はい。大丈夫です。」

「俺入るから、おまえも確認兼ねて自分で開けろ。」
タカヤさんはそう言って中に入るとドアを閉めた。

俺は番号を押す。しっかり覚えてる。
カチャンっとロックの外れる音。
ドアを開けるとタカヤさんがうんと頷きながら立っている。

部屋ドアの前に立つ。

「行くぞ。」
タカヤさんが俺を見る。
俺は頷く。
81
最初 前へ 78798081828384 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ