好きになったヒト
好きになったヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きになったヒト 第8章 未練2
いつもは外回りをしているが、今日は午前中に来客があったので昼飯を会社で取ることにした。

ビルを出る。コンビニへ向かって歩く。

「佐々木くん」

後ろから声を掛けられる。
同じ部署の女の子たちだ。
女の子といっても俺より先輩だけど。

「あ、どうも。」

「どこ行くの?」

「ああ、昼飯買いにコンビニまで。」

「そっか、今日は出ないの?」

「いえ、昼からはでますよ。」

「ねえ、ねえ、佐々木くんって彼女とかいるの?」

「え?」

「ごめんね、いきなり。でも、みんな知りたがってるんだ。でも社内じゃなかなかそんな話ししてる暇がないでしょ。佐々木くん、外出多いし。」

「えっと。」
どう答えようか考える。いると言っておいたほうがゴタゴタしなくてすむんだろうな。でも、嘘付くのもな、見栄張ってるみたいだし。

「いませんよ。」

「えー。なんで?」

「え・・・なんでって、言われても。なんででしょうね。」
俺はははっと笑う。

「そっか、そうなんだ。どんな子がタイプなの?」

「えーっと、タイプとかはあんまり。」
マナトみたいなかわいいやつ。
と、頭に浮かぶ。

さっさと買い物を済ませて、お先にと一人店を出る。
自分の頭に浮かんだ言葉に、ため息がでる。
いい加減にしろよな、俺も。
マナトは俺の事なんか忘れちまってるのかな。
自分から距離を置いておきながら、今さらながらマナトが恋しくなる。

散々荒れて、挙句に友達とヤろうなんて血迷って、でもできなくて、撃沈。


それから数週間。
社内の女の子からよく声を掛けられるようになった。
俺がフリーだって広まったか・・・。

「佐々木さんですよね。」
自販機の前でジュースを買っていると、声を掛けられた。

「え、ああ、はい。」
ああ、この子知ってる。かわいいって評判の子だ。

「突然すみません、私・・・」
「知ってますよ。竹田さんですよね。」
「え、」
「有名ですよ。」
俺はにこっと営業スマイルを返す。

「有名って、どういうことですか?それに佐々木さんだって有名ですよ。」

「ああ、俺の有名はドジでってことですよね。あ、でも有名人どうしですね。」

「違いますよ。」
否定しながらも、彼女はクスクスと笑う。
59
最初 前へ 56575859606162 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ